国内ドラマ 感想

ドラマ「グッド・ドクター」の第2話の感想と見どころ

更新日:

ドラマ「グッド・ドクター」の第2話の見どころは16歳の女子高生の未受診妊婦が緊急出産し、その小さな命を救いたいという純粋な新堂湊(山﨑賢人)の思いが周囲を動かしていく姿を描いています。

女子高生で未受診妊婦の唯菜が学校で破水し緊急搬送後に出産します。

しかしながら、赤ちゃんは低出生胎児であり腸のほとんどが壊死して危険な状態でもありました。

医局の方針でオペはせずに、胎児の回復を待つ治療方針が採られていましたが、湊は唯菜に高山先生(藤木直人)なら手術で助けられると言ってしまうのです。

唯菜からその話を聞いた瀬戸夏美(上野樹里)は、勝手な行動に頭を抱え、高山も勝手に唯菜に期待させるような事を言った湊を厳しく叱ります。

それでも手術をして欲しい彼女は夏美に訴えますが、未成年のために手術には保護者の同意書が必要になることを伝えるのです。

しかし唯菜の母親は同意書のサインを拒否してしまいます。

なんとか胎児を助けたい湊は赤ちゃんを励ますためにおもちゃを側に置いてあげたくて、入院している子供のおもちゃを貸して欲しいと取り上げてしまいます。

子どもやその親からも苦情が届き、NICUの胎児の側から離れようとしない彼に夏美はつい声を荒げてしまうのでした。

その後、赤ちゃんの腸内画像を見ていた湊は腸が動いている事に気付いて、慌てて夏美に報告します。

今なら手術で助けられるかもしれないと希望を抱いた夏美も高山先生を呼んで手術の手配を行い、唯菜の母親に同意書のサインをして欲しいと頭を下げてサインをもらうのです。

事情を聞いた高山も手術の実施を決心し、NICUで緊急の手術が行われます。

湊がさらに画像から有る指摘を行い処置方法まで提案します。

それを聞いた高山も同意して処置を行ったことで無事に成功するのです。

手術の同意書にサインをする代わりに里子に出すことになってしまった事を嘆く唯菜を夏美は優しく励まし、赤ちゃんに会いに行きます。

保育器には湊が描いた夏美の似顔絵が置いてあったのでした。

一方湊の行動が責任問題になっていた場面で、高山は全て自分の指示で行ったと言って処分は自分が受けると話をするのです。

ドラマ「グッド・ドクター」の第2話の感想と見どころ:1話で高山(藤木直人)が見ていた写真は高山の兄弟の可能性あり

1話で高山(藤木直人)が見ていた写真は高山の兄弟の可能性あり

冒頭で高山が墓参りをしているシーンが登場しますが、おそらくこのお墓に眠っているのが、第1話で高山が見ていた写真の人物である可能性が高いです。

「自閉症の人間に医師は無理です。」と強めに言い放つ高山の心の中にあるものは、幼いころに自閉症だった兄弟との悲しい過去だったのかもしれません。

第1話で高山は、自閉症である新堂(山﨑賢人)を完全に受け入れることができませんでしたが、手術の状況を的確に把握し、正確な処置を提案する新堂に対して、肯定的な見方ができるようになってきます。

ドラマ「グッド・ドクター」の第2話の感想と見どころ:副理事長・猪口(板尾創路)の院長の座を狙う裏工作と野望

副理事長・猪口(板尾創路)の院長の座を狙う裏工作と野望

副理事長・猪口が、自閉症である新堂を医師として快く受け入れていたのには、現院長(柄本明)を退かせる狙いがあったようです。

つまり、問題だらけの新堂を医師として病院で働かせることで、院長が辞めざるを得ない状況になると知っていたからです。

そして、猪口は自分が院長になった後についても、厳密に計画を練っているようです。

まとめ

ドラマ「グッド・ドクター」は、地上波放送が終了してもいつでも視聴することができます。

「グッド・ドクター(日本版)」の全動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

-国内ドラマ, 感想

Copyright© ドラマ・映画・アニメの見放題動画を楽しむためのブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.