感想

ドラマ「高嶺の花」の第3話の感想と見どころ

投稿日:

はっきりとした恋愛感情とまではいかないものの、次第に風間直人(峯田和伸)に好意を寄せるようになった月島もも(石原さとみ)。

ももの父親であり家元の市松(小日向文世)の言葉通り、元婚約者である吉池拓真(三浦貴大)を忘れるため、直人に付き合おうと提案します。

しかし本当に好きな人と付き合わなければももが幸せになれないという思いから、直人はこの提案を拒否します。

そして「失恋の辛い痛みを忘れるのではなく、甘いチョコレートに包んでしまえばいい」という、亡くなったばかりの母・節子(十朱幸代)が亡き父との甘く幸せな思い出を語っていたときに話してくれた言葉をももに送ります。

これから毎日、拓真との幸せな思い出を聞いてあげると言うのです。

そうすることで、失恋の痛みが良い思い出に変わるのではないか、という直人の考えからでした。

しかし、それを聞いたももは激怒し直人に水をかけ立ち去ってしまいます。

元婚約者の話を毎日聞ける程に、直人はもものことを恋愛対象として見ていないと思ったからです。

一方、市松の後妻であるルリ子(戸田菜穂)と身体の関係を持ち、どうにかしてももに近付こうと画策する新興流派宇都宮流の華道家・宇都宮龍一(千葉雄大)は、ももを特集する雑誌の取材をセッティングします。

そこで龍一と初めて出会ったももは、妹の月島なな(芳根京子)が止めるのも聞かずに連絡先を交換してしまいます。

いつの間にか龍一に惹かれ始めていたななは、「家元と結婚することが運命」と言う龍一の心を奪うため、自分が家元になると言い出します。

ある日、ももの元にやって来た拓馬が渡したのは、拓馬の妻である真由美(西原亜希)の名が書かれてある月島流の免状でした。

彼は、妻の真由美が月島流の関係者なのではと思っていました。

それを見たももは自分の婚約が破棄されたのは全て市松の仕業だと知ります。

拓馬との結婚を破断にするため、市松が真由美を利用し拓馬を誘惑させたのでした。

ある日、直人に貰った植物園のチケットがあることを思い出したももは、直人とその植物園へ向かいます。

そこで亡き父への思いを語り涙する直人に、ももはキスをします。

まとめ

ドラマ「高嶺の花」は、地上波放送が終了しても後から見放題動画として視聴することができます。

「高嶺の花」のドラマ動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

スポンサーリンク

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

-感想

Copyright© ドラマ・映画・アニメの見放題動画を楽しむためのブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.