感想

ドラマ「グッド・ドクター」の第4話の感想と見どころ

投稿日:

グッドドクターの4話では、「あかり」という女の子が登場します。

あかりは公園でおなかが痛くて運ばれてきましたが、初めは看護師や医師を受け付けず暴れたり、話すこともありませんでした。

山﨑賢人演じる新堂湊がそっと近づくと少し落ち着き、点滴などもするようになり、湊が担当医になりました。

しかしそれには「担当医にして何か問題を起こせば解雇になるだろう」という魂胆があったのです。

湊がそばにいてもあかりはそれでもあまり言葉を発することはなかったのですが、お絵描きをしようとかばんからお絵描きノートを出そうとするとあかりが取り返してきたのです。

しかしそのあと湊が病室に来た時にそれが落ちていたので、そっと読むと、あかりが目覚めて「誰にも言わないで」といいました。

それから母親が病室に入ってきたときはあかりを抱いて逃げ回ったのです。

母親は奪い返そうとしたときに壁にぶつかってそこにおいてあった台に当たって腹部を痛めました。

それを母親は湊が暴力をふるったせいだと病院側に訴えたため、上野樹里演じる瀬戸夏美医師が湊に確認しようとしても「話しません」の一点張りで、結局自宅謹慎となったのですが、入院中の子どもの一人が母親と湊との様子を見ていたということで同じく入院患者の女の子に促されて「新藤先生は悪くない」と話しました。

その後藤木直人演じる高山医師もお絵描きノートを見つけてあかりの気持ちを知ることになるのです。

あかりの症状は手術が必要な状態のため、藤木直人演じる高山医師と父親と面談し、「以前はよく話す子だったが再婚してしばらくしてから話さなくなった」などの経緯を聞き、お絵描きノートを父親に渡しました。

その後あかりは湊もともに手術室に入り、その時に「お母さんが怖い」と書かれたノートを見た父親は手術後病室に行き謝ります。

そこで湊は「なぜ本当のことを言っちゃダメなんですか。言わないと心がつぶれてしまいます」と言い、あかりは父親に気持ちを伝えたことで父親は「これからは二人で暮らそう」といい抱き合ったのでした。

まとめ

ドラマ「グッド・ドクター」は、地上波放送が終了してもいつでも視聴することができます。

「グッド・ドクター(日本版)」の全動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

-感想

Copyright© ドラマ・映画・アニメの見放題動画を楽しむためのブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.