感想

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の4話の感想と見どころ

投稿日:

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の第4話の見どころは、今回も銀行に行員として潜入した小田切役の本田翼さんのアクションシーンにあります。

未然犯罪捜査システムが新たにはじき出した危険人物はわかば銀行の行員である佐伯(小野了)でした。

妻に先立たれてから古いアパートで一人暮らしを行いながら、提示に帰宅して何の趣味も持っていない地味な男がなぜか貯金が無い事実があり、殺人を犯すリスクがあるとなぜ判断されたのかという所からストーリーは始まります。

今回も沢村一樹さん演じる井沢範人の指示によって、わかば銀行に潜入した小田切と田村(平田満)でしたが、田村と佐伯が小学校の同級生と判明した時に、二人組の強盗に銀行が襲われてしまいます。

犯人は防犯カメラや緊急通報装置の位置を熟知しており、金庫内のお金を強奪しようとするのです。

警察が駆けつけるとそのまま犯人は行員や客を人質に立てこもりますが、お客の中の一人である岡本由梨は佐伯と犯人の立石を知っている様子。

井沢の推理によって佐伯と犯人の立石がアイコンタクトを取っている事から強盗犯を手引きしたのは佐伯であると判断します。

その情報を捜査一課に渡すべきだと主張する山内(横山裕)ですが、東堂定春(伊藤淳史)はミンハンチームの存在が分かってしまうためにそれは出来ないと拒否するのです。

山内や他の捜査員の調査の中で、実際に強盗を計画したのは佐伯であり、その目的は親友の娘である由梨を守る為に立石を正当防衛に見せかけて殺害することにありました。

井沢の機転によってその殺人は未然に防がれ、由梨と佐伯との間にあった長い期間の誤解も解けて無事に強盗も捕まることになったのです。

この第4話では銀行員に扮して潜入していた小田切が両手を拘束されながらもキレキレのアクションで犯人と戦い、綺麗な蹴りと占め佐波で見事仕留めるアクションシーンにあります。

犯人を倒した後に見せる可愛らしい笑顔が、アクション中の勇ましさと対比してとても魅力的に映っているのです。

まとめ

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」は、地上波放送が終了しても後から見放題動画として視聴することができます。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の全動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

-感想

Copyright© ドラマ・映画・アニメの動画見放題-くじゃくのまい , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.