感想

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の5話の感想と見どころ

投稿日:

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の第5話の見どころは、ミンハン捜査チームの一員でもある山内(横山裕)の後輩にあたる関西ジャニーズjrの道枝駿佑が、17歳の高校生でありながら難しいサイコパスを演じる点にあります。

井沢範人(沢村一樹)率いるミンハンシステムが新しい危険人物として選び出したのは17歳の高校生の岡崎直樹(道枝駿佑)でした。

成績優秀でバスケットボールのエース、父親は文科省の時期事務次官候補のエリートであり、一見品行方正に見える岡崎ですが、世田谷区で続いている動物殺傷事件の犯人として疑われているのです。

東堂(伊藤淳史)は動物虐待や殺傷は殺人事件の予兆だとして、25年前に起きた練馬台無差別殺人殺傷事件の事例を示したのです。

東堂地震もこの事件の被害者であり大切な家族を殺された過去を持っていました。

山内はバスケ部の外部指導員として潜入し、優秀な指導員がSNSで誹謗中傷を受けて次々に辞めている事実を突き止めます。

小田切(本田翼)や田村(平田満)は捜査中にジャーナリストの川上と遭遇し、直樹をはじめ動物虐待を行っている少年少女に接触して殺人衝動を食い止める為に話を聞いていることを聞きます。

川上の自宅に潜入し川上の過去を調べる内に身近な人の自殺事件が多い事が判明し、川上自身もサイコパスであると突き止めた井沢達は、殺人衝動を抑えるためでは無く背中を押す目的であった事が判明したのです。

自宅に監視カメラを設置していたミンハンチームは、防犯カメラを通じて川上からメッセージを受け取り井沢は直接川上と対面することになります。

川上との話の中で岡崎が人を殺すために文部科学省に行っている事を突き止めたミンハンチームは現場に急行しますが、岡崎は川上から受け取った3Dプリンタの銃文科省に入って無差別に撃ち始めます。

追い詰められた岡崎は最期に自分の父親の頭部を銃で撃ち抜き、自分自身の首を切って自殺を遂げるのでした。

その場をカメラで押さえた川上はセンセーショナルな記事を書き上げ、その夜井沢と思われる人に殺害されるのです。

まとめ

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」は、地上波放送が終了しても後から見放題動画として視聴することができます。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の全動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

-感想

Copyright© 動画配信サービス(VOD)活用術 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.