感想

ドラマ「グッド・ドクター」の第8話の感想と見どころ

投稿日:

ドラマ「グッド・ドクター」の第8話の見どころは、病気と闘う子どもだけではなく、その家族にも焦点を当てて家族愛や絆がテーマになったストーリーにあります。

山﨑賢人さん演じる新堂湊は入院している伊代の恋に付き合って、亮平の後をこっそり付けるものの、伊代は声をかけることすら出来ません。

深刻な病気を抱えている病気の陽翔の母香織(酒井若菜)は、地方に夫を残して息子の治療のために兄の翔太を連れて東京に転校させ、陽翔は高山(藤木直人)の治療を受けています。

夏美(上野樹里)は香織の看病疲れや陽翔の病状、それに加えて弟のために転校せざるを得なかった兄の翔太の様子も気にかけています。

夏美と湊が回診に行くと、陽翔は日曜日に外出をしたいと言います。

高山の許可が無ければ外出はさせられませんが、治療の状況から今外出することは困難であることは夏美にも分かっているのです。

香織は看病疲れで階段から転落し、病院に緊急搬送されますが、自分の怪我のことよりも息子に自分が怪我をしたことを伏せて欲しいと気遣って夏美に頭を下げます。

その姿を見て黙って病室を出て行く翔太に湊は声をかけますが、冷たくあしらわれてしまい驚きを隠せません。

帰り道に矢台で酔っ払って大声を上げている間宮を見つけて湊は声をかけ、自分は高山と違って優秀な医者では無いといじける間宮に、たくさんの子どもの命を助けてきた立派な医師だと声をかけるのです。

外出許可が貰えなかった陽翔が不満を口にすると、今までたくさんの我慢をしていた翔太は感情が爆発してしまい、病気のせいで自分や母親が犠牲になっていると酷い言い方をして飛び出してしまうのです。

吐血や痛みを隠していた陽翔が倒れてしまい、緊急オペの必要が発生しますが、高山はオペ中で対応が出来ません。

湊の説得で間宮が代わりにオペを行い、無事に成功しました。

酷いことを言って弟を傷つけたことを後悔していた翔太は湊に頼んで家族4人で病院の中庭で花火を行います。

厳しい病気と闘う家族と子ども、医療現場のスタッフの絆が確認できた出来事でした。

まとめ

ドラマ「グッド・ドクター」は、地上波放送が終了してもいつでも視聴することができます。

「グッド・ドクター(日本版)」の全動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

-感想

Copyright© 動画配信サービス(VOD)活用術 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.