感想

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の8話の感想と見どころ

投稿日:

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の第8話の見どころは、なんと言っても大人気アイドルの白石麻衣さんが悲しい復讐者として登場し、美しいウエディングドレス姿も披露している点にあります。

東堂定春(伊藤淳史)は今回の危険人物として市役所職員の繭美(白石)の操作を指示します。

過去に整形手術を受けている事実はありながらも、1週間後に結婚式を控える幸せな時期に拳銃を入手していたことが分かったのです。

井沢範人(沢村一樹)と小田切(本田翼)はカップルを装って繭美に近づき、山内(横山裕)と南(柄本時生)は整形手術を受ける前の過去を探ります。

繭美の招待で婚約者の統一郎とその父親竜太郎と食事をすることになった井沢達は、繭美がストーカー被害に遭っていることを知ります。

整形前の経歴を調べる中で、過去に恋人を事故で亡くしていたことが判明し、その搬送先の病院が竜太郎の経営する病院だったのです。

さらに統一郎は子どもの頃から心臓疾患を抱えており、移植手術をしなければ助からない状態であったこと、搬送後に脳死した恋人の心臓が統一郎に臓器提供をされていたことをミンハンチームは突き止めます。

竜太郎の指示の元で搬送後の治療で意図的に脳死を引き起こす治療がなされていたことが解り、繭美はまずその治療に当たった医師に近づき、そのキャリアを壊滅させる復讐を行っており、その医師がストーカーを行っていたのです。

大切な恋人の命を奪われた復讐のために竜太郎が最も大切にしている統一郎の命を狙っていることを突き止めたミンハンチームは結婚式に潜入捜査します。

バージンロードを歩く繭美の手には拳銃が隠し持たれており、側まで歩み寄った後にその銃を突きつけるのですが、銃弾は井沢の手によって除かれており、殺人は失敗に終わります。統一郎は全てのことを承知しており、繭美の復讐を果たすために自ら毒を飲むのでした。

その心を知った繭美は統一郎を本当に愛している気持ちを自分で認め、その命を助けて欲しいと願って警察に捕まるのです。

事件は無事に解決し、8話の最後では山内の先輩である桜木(上戸彩)が生きているような描写もなされていました。

まとめ

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」は、地上波放送が終了しても後から見放題動画として視聴することができます。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の全動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

-感想

Copyright© 動画配信サービス(VOD)活用術 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.