感想

ドラマ「ゼロ 一攫千金ゲーム」の第8話の感想と見どころ

投稿日:

ゼロこと加藤シゲアキは21人で実施するゲームの参加をゲーム参加者に誘われた。

ハードだったので最初はためらっていたが、ゲームがスタートしたら、自分の言う通りに動いてくれることを条件に参加することにした。

そこは魔女の館というところで、21人全員が部屋へ入ってからゲームがスタートするようになっていたため、ゼロは最初に部屋に入り、友人に他の参加者が部屋に直ぐに入らないように邪魔するように伝えて、少しでも時間稼ぎをしてヒントを入手しようと考えていた。

そんな中、少し遅れて21人全員が部屋に入りゲームが開始されます。

8番目と9番目に何が入るか考える問題が出て、部屋の構造に目を凝らしたゼロは自分以外の20人に部屋の大きさを図るため、一人一人両手を横に伸ばして手を繋ぐ感じで横へ並んだ。

両手を横に開いたときの幅はその人の身長にほぼ一致することから、部屋の縦と横の広さを測っていたのです。

そうすると、縦の幅は14.1421356メートルで横の幅も14.1421356メートルと判明します。

この数字をよくみるとルート2の近似値を表していることがわかります。

このことから、この問題はルート2の小数点の8桁目と9桁目が何かを回答すれば良いとゼロはわかります。

ただ、中学校で習ったこの語録では7桁目までしかわからないです。

したがって、計算して求めないといけません。

そこでゼロは8桁目と9桁目を0として近似値を全員で計算して検算を効率よく解いてやろうと考えます。

そうすると、8桁目が2で9桁目が3と計算結果がでます。

そこで直ぐ様にこれを回答しましたが、なぜか不正解となってしまいます。

制限時間が30分となっていたため、あまり残り時間がなくなり焦ってきます。

回りも本当にゼロに任せて良いのか疑問を持ちだし、仲間割れが一部で起こります。

そんな中、ゼロは問題文に隠されたヒントを読み取り、四捨五入が必要だったことに気がつきます。

見事に8桁目に2で9桁目を4で正解して在全無量に勝ったと感じます。

まとめ

ドラマ「ゼロ 一攫千金ゲーム」は、地上波放送が終了しても見放題動画として再び視聴することができます。

「ゼロ 一攫千金ゲーム」のドラマ動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

-感想

Copyright© 動画配信サービス(VOD)活用術 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.