感想

ドラマ「グッド・ドクター」の第10話(最終回)の感想と見どころ

投稿日:

テレビドラマのグッドドクター第10話では、山﨑賢人が演じる主人公の湊が子供の頃からお世話になった院長先生が倒れてしまいます。

がんが進行して重い病にかかっている院長のそばにいた湊に、彼の担当の女の子が倒れたと連絡が入るのです。

先生は今君が心配しなければならないのは患者の子供達だと告げます。

そこで、湊は患者の元へと急ぎますが、彼女は肝硬変の症状に苦しんでいたのです。

藤木直人が演じている上司の高山先生は、患者の命を助けるには、肝臓と同時に小腸を移植するしか方法が残されていないと伝えます。

高山先生自身も行ったことのない難しい手術を本当にやりきることができるのか、その場にいた誰もが不安と焦りを抱いているのです。

そんな時に、川で溺れて意識不明になった少女の美咲が救急救命室に運び込まれてきました。

すでに心肺停止の状態で助かる見込みは低いと医師たちは判断していましたが、両親は脳死状態に陥った我が子をなんとかして助けたいと希望を託すのです。

そこに、湊がやって来て、悲しみにくれる両親に美咲の思い出を振り返りながら優しく語りかけます。

彼女への手紙を読んで体の一部を病気の人に分けてあげることにしたと伝えるのです。

ドナーの許可を受けたことで、肝臓と小腸の同時移植がついに実現することになりました。

しかし、小児外科廃止を進めてきた小野寺は前例がないことを理由に止めるよう強く理事長に求めます。

手術を行うなら融資は打ち切られ、病院がなくなってもいいのかと小野寺に詰め寄られますが、理事長は毅然とした態度で患者の命を助けるのがこの病院であり移植手術をすぐに行うことを断言するのです。

そして、医師や看護師が全力で連携してついに無事に手術を終えることができました。

ドナーとなった美咲は新しい命を得て、健康になった患者とともに大人になることができるのだと湊は話します。

病院は融資を受けて再びしょうにげかは継続されることとなったのです。

まとめ

ドラマ「グッド・ドクター」は、地上波放送が終了してもいつでも視聴することができます。

「グッド・ドクター(日本版)」の全動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

-感想

Copyright© ドラマ・映画・アニメの動画見放題-くじゃくのまい , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.