感想

ドラマ「ゼロ 一攫千金ゲーム」の第9話の感想と見どころ

投稿日:

第9話では2つのゲームが繰り広げられます。

この2つがこれまでのゲームと違うのは、命がけではないことと、視聴者にも解決のチャンスが与えられていることです。

つまりストーリー展開の中に勝利へのヒントがちゃんと隠されているということで、そこが最大の見どころであると言えます。

まずは「失われたリング」ゲームです。

危険極まりない「魔女の館」をクリアしリングを3つに増やしたゼロ(加藤シゲアキ)でしたが、そんな中で標(佐藤龍我)が4つ目のリングを獲得したことが峰子(小池栄子)のアナウンスで伝えられます。

ゼロの敗北が確定かと思われましたが、在全無量(梅沢富美男)の思いつきにより20分の延長戦が始まりました。

残り1つのリングを目指し、ゼロは「失われたリング」に挑みます。

指定された部屋の中から4つのミニリングを探し当てるというゲームです。

それまで誰ひとりとして成功していなかったのですが、ゼロはそのトリックをあっさりあばき、見事に4つのリングを獲得するのです。

しかしその仕掛けはこれまでの難解なものと異なり、ある意味シンプルな「気づき」がポイントとなっています

。一瞬の機転さえあれば誰でもクリアが可能なゲームですので、視聴者とゼロとの対等な勝負とも言えます。

もうひとつは、決勝戦で使われる「ブレークダウン」です。

2人の対戦ゲームであり、それぞれが4つのリングを自分の箱に1つずつ入れ、好きな箱に鉄板を忍ばせます。

相手は鉄板で守られていない箱を見破ってハンマーで壊すと勝ちなのですが、持ち数の決められた鉄板をいかに効果的に使うかが勝負の鍵となります。

純粋な心理戦だけに、ゼロと標の「読み合い」が明確に表現されています。

まるで自分が参加しているかのような気分になる臨場感のある場面ですが、実はそれ以外に重要のテーマも隠されています。

そのテーマを読み切れば、これも「失われたリング」と同様に視聴者も勝利の糸口をつかむことができるのです。

まとめ

ドラマ「ゼロ 一攫千金ゲーム」は、地上波放送が終了しても見放題動画として再び視聴することができます。

「ゼロ 一攫千金ゲーム」のドラマ動画(1話~最終回)を見放題で視聴する方法

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

-感想

Copyright© ドラマ・映画・アニメの動画見放題-くじゃくのまい , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.