映画「男はつらいよ」の関連記事一覧

映画「続・男はつらいよ(第2作)」の作品解説

更新日:

この記事では、寅さん映画シリーズの「続・男はつらいよ(第2作)」の作品の見どころを解説していきたいと思います。

<映画「続・男はつらいよ(第2作)」の作品データ>

映画「続・男はつらいよ(第2作)」
公開日 1969年11月15日
収録時間 93分
マドンナ 佐藤オリエ
ゲスト 東野英治郎/ミヤコ蝶々/山崎努
監督 山田洋次
観客動員数 489,000人(シリーズ47位)
同時上映 「喜劇 よさこい旅行」

「続・男はつらいよ(第2作)」のロケ地

  • 清水寺周辺(京都)
  • 祇園・安井毘沙門町(京都)
  • 哲学の道周辺(京都)
  • 琴きき茶屋(京都)
  • 渡月橋(京都)
  • 三条大橋(京都)
  • 「続・男はつらいよ(第2作)」作品のあらすじ

    約1年ぶりに柴又に帰ってきた寅次郎。
    さくらと博の間には子供が産まれていた。
    すぐに旅に出るつもりの寅次郎であったが、中学時代の恩師・坪内散歩先生(東野英治郎)と、その娘・夏子(佐藤オリエ)と久しぶりに再会し、旅に出ることも忘れて自宅に上がり込んでしまう。
    そこで胃痙攣を起こして入院する羽目になる寅次郎であったが、入院中、病院を抜け出して無銭飲食で警察沙汰となり、またしても柴又にいられなくなり旅に出てしまう。
    ところが、京都で売をしていた寅次郎は、偶然にも旅行中の夏子と散歩に遭遇する。
    寅次郎の実の母親が京都にいることを知った散歩は、母親に会いに行くように寅次郎を説得する。
    渋々、母親(ミヤコ蝶々)に会いに行く寅次郎であったが、実際に会ってみると想像していた母親とはまるで違うことを知り、ショックを受けて柴又へ帰ってくる。
    しばらく柴又で心の傷を癒していた寅次郎に、またしても不幸な出来事が起こってしまう。
    それは、恩師である散歩の突然の死であった。
    しかも、寅次郎は散歩の葬儀を取り仕切りながら、以前入院していた病院の藤村医師(山崎努)の胸の中で泣いている夏子を目撃してしまう。

    マドンナ:佐藤オリエ

    マドンナ:佐藤オリエ

    <役名:坪内夏子>

    坪内散歩の娘で、寅次郎の幼馴染み。
    知的でありながら、どこか庶民的なイメージを持つお嬢様。

    38年ぶりに母親に会いに行く寅次郎に付き添い、グランドホテルまで足を運ぶほどの情の深さを見せる。
    シリーズ中、最も母性を感じさせるマドンナである。
    皮肉にも寅次郎が入院した病院の青年医師・藤村(山崎努)と結ばれることになってしまうが、最後の最後まで寅次郎のことを心配し、気にかけていた。
    ラストシーンでマドンナの語りで物語が締め括られるのは、唯一この作品のみである。

    →「男はつらいよシリーズ全マドンナ紹介ページ

    ゲスト:東野英治郎

    ゲスト:東野英治郎

    <役名:坪内散歩>

    葛飾商業時代の寅次郎の恩師。
    柴又で英語の学習塾を開き、子供たちに英語を教えている。

    出来の悪い寅次郎をかわいがり、時に厳しい言葉で叱ってくれる、寅次郎にとって唯一の師と呼べる人物。

    ゲスト:ミヤコ蝶々

    ゲスト:ミヤコ蝶々

    <役名:お菊>

    寅次郎の実の母親。
    かつて葛飾で芸者をしていた頃に、寅次郎の父・車平造と出会い、子供(寅次郎)を授かる。
    寅次郎を産んですぐ、単身で京都へ移り住み、グランドホテルの経営者として働くようになる。

    本人の前では憎たらしい言葉を吐き捨てるお菊ではあるが、実の息子・寅次郎のことを心から心配している。
    お菊は、第7作「男はつらいよ 奮闘篇」でも登場するが、寅次郎を捨てた理由については一切語ることはなかった。

    ゲスト:山崎努

    ゲスト:山崎努

    <役名:藤村薫>

    寅次郎が胃痙攣で入院した病院に勤める青年医師。
    マドンナ・夏子の恋人となり、寅次郎にとっては恋敵となる。

    皮肉にも、寅次郎が入院したことがきっかけで夏子と知り合い、付き合うことになってしまう。

    「続・男はつらいよ(第2作)」作品の解説

    第1作目が予想外に大ヒットし、2作目が製作されることとなる。

    1作目の公開からわずか3ヶ月という短い期間で撮り終えていることからも、相当のスピードで製作されたことがうかがえる。

    今まで会ったことのない産みの母親との悲しい対面、そして人生の恩師・散歩先生との死別など、寅次郎の人生を通して映し出される、人間の一生について考えさせられる一作。

    夢のシーン

    「続・男はつらいよ(第2作)」夢のシーン

    寅次郎が、38年ぶりに実の母親・お菊と再会する夢。
    本編での出来事を暗示するかのような夢となっており、母親の姿も寅次郎の理想を元に、都合よく具象化されている。

    まだシリーズ化されていない冒頭の夢のシーンではあるが、実質これがシリーズ初となる夢のシーンとなった。

    男はつらいよシリーズ全夢のシーン紹介ページ

    38年ぶりに実の母親と対面

    産みの母親の顔を知らないで育った散歩に「生きているうちに母親に会いに行け!」と促され、38年ぶりに実の母親と対面することになる寅次郎。

    自分が想像していた母親像とはまるで違うことにショックを受けていたが、すべて時が回復してくれる。

    ラストシーンでは何事もなかったかのように親と子の関係になっているのが、いかにも寅次郎らしくほのぼのとしてくる。

    どんな理由でケンカ別れしてしまったとしても、結局血の繋がった親子の関係はそんなに簡単に崩れたりはしないということなのだろう。

    人間の生死をテーマに、人の一生について考えさせられる作品

    この作品は、人間の生と死という対照的な出来事を通して、人の一生についてうまく表現されているように思う。

    つまり、生とは寅次郎が母親に会いに行くシーンであり、そして死とは散歩先生の死に直面するシーンである。

    母親の存在を知るということは、すなわち自分のルーツを知るということだ。

    どんなに酷い母親であったとしても、母と子という関係は一生続くものであり、親と自分の存在を否定することはできない。

    結局のところあるがままを受け入れるしかない。

    これが自分の生を認識し、死ぬまで付き合っていくということだ。

    そして、散歩先生の突然の死は、人はいつか死ぬという事実を教えてくれている。

    しかも、目の前でまざまざと見せつけられた寅次郎にとって、わざわざ言葉で説明されなくても十分に理解できるものだったに違いない。

    第1作目の作品と比較するならば、この作品では寅次郎自身の泣きのシーンがとても多い。

    とはいうものの、決して重たい雰囲気のまま物語が進んでいくわけではなく、全体を通して観ても、やはり笑いがベースにある喜劇映画であることに間違いはない。

    この作品でも渥美清の歯切れのいいセリフ回しや、アドリブが思う存分堪能できる。

    「続・男はつらいよ(第2作)」の動画

    映画「男はつらいよ」シリーズは、「FODプレミアム」「hulu」「U-NEXT」などの動画配信サービスを利用することで、いつでも視聴することができます。

    詳しくは、下記の記事をご覧ください。

    映画「男はつらいよ(寅さん)」シリーズ全49作のフル動画をいつでも好きな時に観る方法


    ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
    とても嬉しいです♪

    人気ブログランキングへ

    -映画「男はつらいよ」の関連記事一覧
    -, , , , , , , , , , , , , , ,

    Copyright© ドラマ・映画・アニメの見放題動画を楽しむためのブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.