映画「男はつらいよ」の関連記事一覧

映画「男はつらいよ フーテンの寅(第3作)」の作品解説

投稿日:2019年1月28日 更新日:

この記事では、寅さん映画シリーズの「男はつらいよ フーテンの寅(第3作)」の作品の見どころを解説していきたいと思います。

<映画「男はつらいよ フーテンの寅(第3作)」の作品データ>

映画「男はつらいよ フーテンの寅(第3作)」
公開日 1970年1月15日
収録時間 90分
マドンナ 新珠三千代
ゲスト 香山美子/河原崎健三
監督 森崎東
観客動員数 526,000人(シリーズ46位)
同時上映 「美空ひばり・森進一の花と涙と炎」
啖呵売した商品 ガマの油、健康バンド
⇒「寅さんが啖呵売した作品別全商品リスト
「男はつらいよ フーテンの寅(第3作)」のロケ地
  • 旅館翠月(三重県)
  • 湯の山温泉バス停(三重県)
  • 大石橋(三重県)
  • 蒼滝橋(三重県)
  • 湯の山街道(三重県)
  • 三岳寺(三重県)
  • 朝陽台広場(三重県)
  • 御在所ロープウェイ(三重県)
  • 「男はつらいよ フーテンの寅(第3作)」作品のあらすじ

    久しぶりに柴又に帰ってきた寅次郎は、縁談の話を持ち掛けられ、お見合いすることになる。
    ところが、そのお見合い相手は寅次郎の昔から知っている駒子(春川ますみ)という亭主持ちの女性であった。
    寅次郎は、亭主とうまくいっていない駒子のために二人の仲を取り持つが、そのために使った費用をとらやに請求するようにしてしまう。
    案の定、怒ったおいちゃんとおばちゃんは寅次郎と大ゲンカとなり、寅次郎は柴又を出て行くことになる。
    一カ月後、三重県の湯の山温泉に旅行に出かけたおいちゃんとおばちゃんであったが、偶然にも泊まった旅館で番頭をしている寅次郎と遭遇。
    旅館の女将・志津(新珠三千代)に惚れ込んで働くようになった寅次郎の経緯を聞いて心配するが、そのまま柴又へ帰っていく。
    一方、弟・信夫(河原崎健三)のことで力を貸してほしいと女将・志津に頼まれた寅次郎は、信夫とその恋人・染子(香山美子)との仲をうまく取り持つ。
    信夫と染子は駈け落ちすることになるが、それがきっかけで志津は旅館をやめて結婚することを決意する。
    そのことを寅次郎に言い出せずにいた志津は、旅館の従業員の口を借りて寅次郎に説明するように頼み込む。
    志津の本当の気持ちを知った寅次郎はショックを受け、ひっそりと旅館を後にする。

    マドンナ:新珠三千代

    マドンナ:新珠三千代

    <役名:志津>

    湯の山温泉の旅館「もみじ荘」の女将。
    5歳の一人娘がいるが、夫とは死に別れており、未亡人である。
    弟・信夫が旅館を引き継ごうとしないため、旅館を1人で切り盛りしている。

    品があり、清楚な美しさを持つ大人の女性。
    その魅力に取りつかれた寅次郎は「もみじ荘」の番頭として働くことになる。
    すべては寅次郎の思い込みが原因となっているが、見方によっては寅次郎をうまく利用し、ねぎらいの言葉すらかけずに別れていく酷い女性として映し出される。
    演出の問題ではあるが、シリーズ中で最も悪いマドンナというイメージが強い。

    →「男はつらいよシリーズ全マドンナ紹介ページ

    ゲスト:香山美子

    ゲスト:香山美子

    <役名:染子>

    湯の山温泉で芸者として働いている。
    志津の弟・信夫の恋人。
    病に侵された父親の借金を返すために妾になるか、信夫と所帯を持つか、の選択に迫られる。

    ゲスト:河原崎健三

    ゲスト:河原崎健三

    <役名:信夫>

    志津の弟。
    旅館の若旦那として跡を継げる立場でありながら、母親が亡くなってからグレ始め、後を継ぐ意志はなくなっている。
    恋人の染子が妾になるという噂を聞いて説得にやってくる。

    「男はつらいよ フーテンの寅(第3作)」作品の解説

    前作の公開から約2ヶ月という短い期間で作り上げたシリーズ第3作目。

    この作品で山田洋次は脚本のみを担当し、監督は森崎東が務めている。

    そのため、山田洋次監督がいつも描いている家族や故郷をテーマに描く作風とは違い、渡世人・車寅次郎の人間像を深く掘り下げたような作品になっている。

    まさにタイトルにもあるように「フーテンの寅」にピッタリ合うような作品に仕上がっていると言えるだろう。

    柴又が映し出されるのは映画開始の最初のほうだけであり、ほとんどが旅先での寅次郎を描いたまま終わっていく異色の作品である。

    冒頭のシーンで、樹木希林(クレジットでは悠木千帆)が寅次郎が泊っている旅館の仲居役として出演しており、この作品で使われた寅次郎のセリフ(インテリのくだり)が、過去の東大入試問題として出題されたのは有名である。

    寅次郎がシリーズ中最も酷いフラれ方をする

    この第3作は、寅次郎がシリーズ中最も酷いフラれ方をする作品になっている。

    基本的に、男はつらいよシリーズの初期の作品は、寅次郎が一方的にマドンナを好きになり自滅していくパターンが多い。

    マドンナが寅次郎の好意に気付いているかいないかは、もはやこの映画シリーズにとってたいした重要なことではない。

    なぜなら、映画のタイトルにもあるように、寅次郎が一方的にマドンナを好きになり、自分だけがフラれた気分になって終わっていくという流れを観客は求めているからだ。

    ところが、この第3作の寅次郎の失恋はその中でも群を抜いている。

    無様すぎるほどに、この作品では寅次郎がひとり相撲を繰り返してしまっているのだ。

    哀しいのは、寅次郎の気持ちがマドンナ・志津に一切伝えられていないということだろう。

    伝えたつもりで旅立つ寅次郎がまた哀しく映ってしまうのだ。

    しかし、この無様すぎる寅次郎をあえて作り出すことで、森崎東監督は力強く生きるフーテンの寅次郎を見事に描き出したとも言えるだろう。

    家族や故郷よりも渡世人・車寅次郎の人物像をテーマに描かれた異色作

    この作品の見どころは、渡世人・車寅次郎の人物像に焦点を当てた物語になっているところだろう。

    これも、森崎東監督が作り出した独特の世界観とも言える。

    寅次郎がとらやの人たちと関わった出来事に深い意味はなく、それよりも寅次郎自身の生き様を描くことがメインとなっているのだ。

    もちろん、この作品全体を通して寅次郎を観た場合、いつものコミカルで、ドジっぷりは健在である。

    しかし、叩かれても踏みつけられても、それでも這い上がってくるようなバイタリティ溢れる寅次郎が見れるのだ。

    そして、自分の娘を妾に出さなければいけない元テキヤの父親を相手にし、寅次郎が仁義を交わすシーンは見応え満点である。

    おそらく、山田洋次監督であればこういうシーンをあえて入れてくることはなかっただろうなあと思えてくるのだ。

    それほど、この第3作「男はつらいよ フーテンの寅」という作品は、渡世人として生きる寅次郎をリアルに描き出そうとしているのがわかる、少し異色な作品になっているのである。

    「男はつらいよ フーテンの寅(第3作)」の動画

    映画「男はつらいよ」シリーズは、「FODプレミアム」「hulu」「U-NEXT」などの動画配信サービスを利用することで、いつでも視聴することができます。

    詳しくは、下記の記事をご覧ください。

    CHECK
    映画「男はつらいよ(寅さん)」シリーズ全49作のフル動画をいつでも好きな時に観る方法
    映画「男はつらいよ(寅さん)」シリーズ全49作のフル動画をいつでも好きな時に観る方法

    映画「男はつらいよ」を観るためにわざわざDVDを借りに行くなんて時代遅れ。寅さんフリークなら動画配信サービスを利用して、映画「男はつらいよ」シリーズ全49作の動画を見放題動画として楽しむことができます ...

    続きを見る

    ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
    とても嬉しいです♪

    人気ブログランキングへ

    -映画「男はつらいよ」の関連記事一覧
    -, , , , , , , , , , , , , ,

    Copyright© ドラマ・映画・アニメの見放題動画を楽しむためのブログ , 2019 All Rights Reserved.