映画「男はつらいよ」の関連記事一覧

寅さんのおいちゃんは何回交代したの?歴代おいちゃんの紹介

更新日:

この記事では、映画「男はつらいよ」に登場する”おいちゃん”について深掘りしていきたいと思います。

映画「男はつらいよ」に登場する”おいちゃん”は、作品によって役者さんが変わっています。

あれだけ長い期間でシリーズ化されれば、こういった問題も当然出てきますよね。

もちろん、映画の中で登場するおいちゃん(車竜造)は、同一人物ということになっていますが、演じる役者さんが変われば、当然そこから醸し出される”おいちゃん”像も変わってきます。

今回は、映画「男はつらいよ」の”おいちゃん”は、シリーズ中に何回交代されたのか?

そして、交代されたそれぞれの”おいちゃん”の特徴や、演じた役者さんについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

寅さんのおいちゃんは何回交代されたの?

おいちゃんは、シリーズ49作の中で3回交代されています。

おいちゃんを演じた役者さんと、出演作品は下記の通りです。

初代おいちゃん 森川信 第1〜8作
二代目おいちゃん 松村達雄 第9〜13作
三代目おいちゃん 下條正巳 第14〜49作

なぜ、おいちゃんが3回も変わったのかについては理由がはっきりしています。

初代のおいちゃんを演じた森川信は、1972年3月に肝硬変で他界してしまったため、第8作目までの出演です。

その後、二代目おいちゃんとして出演したのが松村達雄。

松村達雄は、第9作目から第13作目までの5作品に出演しましたが、腸の手術のため、第14作目の制作に間に合わせることができず、急きょ、第14作目から下條正巳が三代目おいちゃん役を務めることになります。

その後、下條正巳が49作目までのおいちゃん役をずっと演じることになりました。

ちなみに、二代目おいちゃんの松村達雄は、13作目以降も自分が演じるつもりでいたため、14作目で交代されられてしまったことにかなりご立腹だったようです。

それが原因だったのか、その後いろんな役で寅さんシリーズに登場しまくります。

実は、松村達雄は2代目おいちゃんを演じる前にも、マドンナ(若尾文子)の病気を看にきた、頼りのない医師役で登場していたりします。

二代目おいちゃんの松村達雄が演じた他の役
  • 第6作「男はつらいよ 純情篇」 - 山下医師役
  • 第23作「男はつらいよ 翔んでる寅次郎」- 結婚式の仲人役
  • 第26作「男はつらいよ 寅次郎かもめ歌」- 定時制高校の教師(林先生)役
  • 第32作「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」- 和尚役
  • 第35作「男はつらいよ 寅次郎恋愛塾」- 牛山教授役
  • 第39作「男はつらいよ 寅次郎物語」- 医師役
  • 寅さんの歴代おいちゃんの紹介

    寅さんの叔父にあたる”おいちゃん”(車竜造)は、3人の役者さんが演じたことにより、それぞれの空気感や個性が反映されていて、なかなか面白いものがあります。

    そこで、3人の役者さんが演じた、それぞれの”おいちゃん”の特徴などを簡単にまとめてみたいと思います。

    初代おいちゃん:森川信

    初代おいちゃん:森川信
    都合が悪くなるとすぐ逃げ腰になる、小心者でお調子者

    テレビ版「男はつらいよ」のおいちゃん役も、森川信が演じていました。

    寅さんのことを「とらさん」と呼んでいたのは、このおいちゃんの時だけ。

    しかし、一度ケンカが始まると、激しい口調で応戦し、寅さんと熱いバトルを繰り広げました。

    口癖は、「知らねえよ、俺は」「バッカだねぇ、あいつは」「まくら、さくら出してくれ」など。

    お決まりのセリフを毎回発して笑わせてくれたのは、このおいちゃんの時でした。

    寅さんがいない時に寅さんの悪口、陰口をたたくことが多く、それが見つかってアタフタするというオチが何度もありました。

    森川信のプロフィール
    ■生年月日:1912年2月14日
    ■没年月日:1972年3月26日(60歳没)
    ■出生地:神奈川県
    ■主な出演作「サザエさん(1966年)」

    二代目おいちゃん:松村達雄

    二代目おいちゃん:松村達雄
    何でも言いたいことが言い合える、寅次郎の良き理解者

    寅さんとの絡みがコントチックになっていたのが、このおいちゃんの時。

    口喧嘩、乱闘シーンであったとしても、どこか喜劇っぽくなってしまうのが、このおいちゃんの特徴的なところです。

    寅さんの得意技、足の裏グリグリ攻撃も、松村達雄が”おいちゃん”の時に誕生したものです。

    寅さんとは、「仲がいいからこそ、ケンカをする」という表現がピッタリな間柄で、直接口には出さないものの、どこか寅次郎のことを心配している優しいおいちゃんでした。

    松村達雄のプロフィール
    ■生年月日:1914年12月18日
    ■没年月日:2005年6月18日(90歳没)
    ■出生地:神奈川県
    ■主な出演作「どですかでん(1970年)」「まあだだよ(1993年)」

    三代目おいちゃん:下條正巳

    三代目おいちゃん:下條正巳
    冷静沈着で、寅次郎の間違いをしっかりと正してくれる、良き叔父さん

    寅さんとは真逆な性格で、責任感が強く、まじめに団子屋を営む堅気気質の強いおいちゃん。

    間違った寅さんを常に正しい方向に導いてくれるような、指導者的な雰囲気のある人物でした。

    寅さんとの乱闘シーンもそんなに多くはなく、どこかおっとりした性格の”おいちゃん”でもありました。

    第14作から49作まで、最も長く”おいちゃん”を演じてきたということもあり、寅さんの”おいちゃん”というと、やはり下條正巳の顔が思い浮かぶのは、私だけではないと思います。

    下條正巳のプロフィール
    ■生年月日:1915年8月26日
    ■没年月日:2004年7月25日(88歳没)
    ■出生地:朝鮮、釜山
    ■主な出演作「白い巨塔(1966年)」「八つ墓村(1977年)」「キネマの天地(1986年)」

    まとめ

    あなたが好きだった”おいちゃん”でを教えてください。

    アンケートに答えて、結果を見てみよう!

    今回は、映画「男はつらいよ」に登場する”おいちゃん”が、シリーズ中に何回交代されたのか?そして、交代されたそれぞれの”おいちゃん”の特徴や、演じた役者さんについて紹介してみました。

    おいちゃんは、シリーズ49作の中で3回交代されています。

    主要キャストが3回も変わってしまったというのは、この”おいちゃん”だけでした。

    しかし、3人の役者さんが演じたことにより、3人の個性あふれる”おいちゃん”が楽しめたというのもあると思います。

    スポンサーリンク

    ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
    とても嬉しいです♪

    人気ブログランキングへ

    -映画「男はつらいよ」の関連記事一覧
    -, , , ,

    Copyright© ドラマ・映画・アニメの見放題動画を楽しむためのブログ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.