国内ドラマ 感想

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の1話の感想と見どころ

更新日:

2018年7月期の月9ドラマとして放送された「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」。

今回の絶対零度シリーズは、殺人を起こしそうな人物を特定し、未然に犯罪を食い止めるミハンチームの活躍を描きます。

前回のシリーズとは、違う部署、そして全く違う主人公を使った物語です。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」1話の感想と見どころ:沢村一樹が演じる「井沢範人」という男の正体とは?

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」1話の見どころ

井沢範人という男は、元公安のエリート刑事。

冒頭のシーンで井沢範人は、犯人を追い詰め、降参した犯人に対して容赦なく発砲してしまう狂気ぶりをみせます。

しかし、この犯人と井沢にどんな経緯があったのかについての描写がないため、この段階で井沢範人が狂気の男であると判断してしまうのもどうかと思います。

でも、刑事という立場でありながら、あの暴挙はやはり問題のある人物であることは間違いありません。

そして、東堂定春(伊藤淳史)は、そんな井沢範人という男をなぜミハンのリーダーとして迎え入れたのか?についてもこれから明らかになっていくと思います。

いずれにしても、井沢範人という男は謎を持った人物であることは間違いありません。

もしかしたら、東堂よりもミハンについて知り尽くした男である可能性もあります。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」1話の感想と見どころ:東堂定春(伊藤淳史)の首に残る傷跡は?

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」1話の見どころ

東堂定春(伊藤淳史)の首の左側には傷があり、なぜか、井沢がその傷を確認するかのように見るシーンがあります。

この傷は、いつ誰に付けられた傷なのか?

そして、なぜ井沢はその傷を確認するように見たのか?

井沢は、おそらく東堂の首の傷について何かしらの情報を知り得ていることがわかります。

これも、物語が進んでいくことであきらかになっていくはずです。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」1話の感想と見どころ:桜木泉(上戸彩)の死とミハン、そして井沢範人との関係

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」1話の見どころ

桜木泉(上戸彩)は、失踪先のベトナムで、なぜか「イザワノリト」と書かれた手帳を持っています。

そして、失踪先のベトナムで桜木が殺されたという情報を、東堂が山内徹(横山裕)に知らせている時に、なぜか井沢が遠くからそれを聞いているというシーンが出てきます。

これは、桜木と井沢がどこかで繋がっているという可能性が高いです。

桜木はなぜ失踪したのか?

なぜベトナムにいて、誰に追われていたのか?

いずれにしても、桜木の死とミハン、そして井沢との間に何かしらの因果関係があるように思えてきます。

最後の方のシーンで、桜木の腕輪を付けた死体が運ばれていきましたが、この死体も本人のものであるかどうかはわかりません。

ミハンは公にされることのない極秘捜査チームであるため、何か裏工作している可能性も考えられます。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」1話の感想と見どころ:指が受話器になる腕時計型骨伝導フォン

指が受話器になる腕時計型骨伝導フォン

ミハンチームが連携を取るために使われている腕時計型骨伝導フォン。

この腕時計型骨伝導フォンは、リアルでもすでに開発済みの商品です。

商品はまだ一般化されていませんが、SAMSUNGのスピンオフ企業であるInnomdle研究所が開発した、最新鋭のガジェットです。

名前は、「Sngl(シグナル)」という商品です。

スマホとリストバンドを連携させ、そのリストバンドを腕に装着させて指を耳に当てることで、電話の音声が聞こえるというもの。

捜査中のミハンチームは、この腕時計型骨伝導フォンを常にONにし、仲間同士で会話ができるようにしています。

まとめ

ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」は、地上波放送が終了しても後から見放題動画として視聴することができます。

https://kujakunomai.com/9573

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

-国内ドラマ, 感想
-,

Copyright© ドラマ・映画・アニメの動画見放題-くじゃくのまい , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.