国内ドラマ

東京ラブストーリー最終回での赤名リカの本当の気持ちを読み解いてみる

投稿日:

このドラマを観終わった後、あまりにも衝撃的なラスト(カンチとリカが最終的に別れるという結末)に、「あれ?何で?」と思ったのは私だけではないはずだ。

今までのドラマであれば、相思相愛だったカップルが紆余曲折を繰り返し、最終的に結ばれるというのがセオリーだった。

ところが、東京ラブストーリーというドラマは、それを大きく覆してきた。

この記事では、東京ラブストーリーの最終回に登場する赤名リカの心情を私の勝手な想像で読み解いてみようと思う。

もちろん、私が読み解こうとしているのは、ドラマ版に登場する赤名リカのほうである。

ちなみに、東京ラブストーリーの原作漫画版とドラマ版は全く別物であると私は解釈している。

なぜなら、原作漫画版に登場するリカは和賀の子を妊娠するというヘビーな内容になっているからだ。

そんな展開になってしまうと、もはやドラマ版で登場する赤名リカとは全く別人格のキャラクターになってしまうし、また違った感情移入が必要になってくる。

なので、原作漫画版とドラマ版に登場する赤名リカは全く別の人間であると、私の中ではっきり線引きしておきたいのだ。

そして、ドラマ「東京ラブストーリー」を観たことがないという方は、この記事を読んでも全くチンプンカンプンの内容になっていると思う。

なので、ドラマを視聴してから読んでもらえると楽しめるかもしれない。

ドラマ「東京ラブストーリー」は、DVD-BOXをわざわざ購入しなくても、FOD(~2018年12月17日)を利用すればいつでも視聴できる。

興味があれば、下記の記事に視聴方法が書いてあるので、参考にしていただきたい。

「東京ラブストーリー」のドラマ動画(1話~11話<最終回>)を見放題で視聴する方法

それでは、さっそく本題に入っていこう。

スポンサーリンク

カンチの故郷愛媛でのリカの揺れ動く心情を読み解いてみる

リカの気持ちが激しく揺れ動くのは、愛媛でカンチと会ってからだろう。

この愛媛でのシーンは、カンチとリカのセリフや態度などから、二人の気持ちの微妙なズレを感じ取ることができる。

いや、むしろ男と女の感覚のズレと言ったほうがいいのかもしれない。

例えば、リカはカンチの言葉を何度かスルーする場面がある。

それは、学校でのシーンと神社から降りてくる階段でのシーンだ。

東京ラブストーリーの久万町立久万中学校でのシーン

ここでは、リカが「(リカが)急にいなくなったからみんな心配している。」というカンチのセリフをスルーして、別の話題にもっていこうとするシーンがある。

ここで問題となるのは、”みんな心配している”という部分に引っ掛かったリカの気持ちにカンチが気付いてあげられていないことだ。

本来カンチは、自分が心配していたことを伝えるべきだったのだ。

案の定、そのあとリカはカンチの本当の気持ちを確認しようと「カンチも心配した?」とダイレクトに聞いてくるのだ。

そして、神社から降りてくる階段でのシーンも同様だ。

東京ラブストーリーの大洲神社でのシーン

「転勤を断ってどうするつもりなんだ?」というカンチのセリフに、リカは何も答えずに別の話題にもっていこうとする。

このシーンは、男と女の感覚のズレをうまく表現してると思う。

つまり、物事を思考で処理しようとする男の感覚と、感情で処理しようとする女の感覚のズレだ。

もちろん、カンチはリカにとって一番いい方法を見つけ出そうとしていることは間違いない。

これは、男の感覚で言えばカンチがリカのことを想っての行動になる。

しかし、女の感覚でそうはならない。

リカにとって転勤の話などどうでもいいことなのだ。

リカが本当に望んでいるのは、ずっとカンチと一緒にいたい、それだけなのだ。

そのためにカンチに「ロスに行かないで欲しい」と言ってもらいたいだけなのだ。

皮肉にも、物事を思考で処理しようとする男の感覚では、リカの本当の気持ちに気付いてあげるのは難しいだろう。

しかし、リカはそんな男の感覚というものをしっかりと理解している。

だから、リカはカンチに気付いてもらおうと、「別れた女に・・・」「赤い糸はぷっつり切れちゃった・・・」などといった皮肉めいたセリフを何度か浴びせてくるのだ。

この微妙な気持ちのズレが、この愛媛でのシーンにたくさん散りばめられている。

なぜ、リカは別れの手紙をポストに出したにも関わらず、「気が変わったら駅まで迎えに来て」とカンチに言い残したのか?

リカの気持ちが読み取りにくいと思えたのが、堤防でのシーンから電車に乗り込むまでのシーンだろう。

堤防でのシーンで、「気が変わったら駅まで迎えに来て」とカンチに言い残して去っていくリカの行動は、私にとってとても不可解なものに思えた。

なぜなら、別れの手紙を出した後のことだったからだ。

リカは、カンチがジュースを買いに行った短い時間に、別れの手紙を書き記してポストに投函している。

東京ラブストーリーでリカが別れの手紙を出すシーン

この手紙を出すのは、二人が愛媛で別れた後のシーンでわかることなのだが・・・。

手紙の内容はこうだ。

「こんにちは、カンチ。こんばんはかな?
これからカンチにお別れを言おうと思います。
ちょっと悲しいけど、でも悲しいだけでもありません。
いずれにしても、カンチと同じ季節に同じ道を歩けたことを愛してやみません。
カンチ!今がいとしいよ。
カンチとお別れする今この時を、やっぱりいとしく思えるから私のこれからはきっと大丈夫って思えます。
カンチと出会えて、ちょっと人生得したかなって。
サヨナラは言いません。
約束もしません。
でも、また逢えるよね?

赤名リカ

追伸-元気ですか?

つまり、リカは愛媛でカンチと一緒にいる時にこの手紙を出してしまっているのだ。

何をきっかけに別れの手紙を書こうと思ったのかはわからないが、この手紙をポストに入れた瞬間に、リカはカンチと別れる決断を下したことになる。

それにもかかわらず、リカは最後のお願いとして「気が変わったら駅まで迎えに来て」とカンチに言ってしまうのだ。

別れる決断を下したリカの気持ちを揺れ動かしたのは、堤防にいる時にカンチが言った「もっと楽に生きろよ」という言葉だったのかもしれない。

東京ラブストーリーでカンチがリカに「もっと楽に生きろよ」というシーン

リカにとってこの言葉は、「自分の気持ちにもっと正直になれよ」と言われたように感じたのだろう。

この後、リカがカンチの胸に飛び込んでいったのは、もう一度だけカンチの気持ちを確認してみようと思えたからなのかもしれない。

だからリカは、最後のお願い事として「気が変わったら駅まで迎えに来て」と突発的に言ってしまったのだ。

リカが祝杯のビールを買わずにそのまま駅に向かってしまったのは、まだ自分のほうへカンチが振り向いてくれるかもしれないと思ってしまったからなのだろう。

なぜ、リカは約束した4時48分の電車の1本前の電車に乗って帰ってしまったのか?

電車のシーンでも、リカは不可解な行動を取る。

リカにとっては、カンチが駅まで迎えに来てくれることが望みだったはずだ。

それにもかかわらず、リカはカンチと約束していた48分の電車の1本前の電車に乗って行ってしまうのだ。

東京ラブストーリーの梅津寺駅のシーン

この時のリカの気持ちを察するのは、非常に難しい。

もしかしたら、ここでのリカの気持ちは視聴者の勝手な想像で読み解いてみてもいいのかもしれない。

なぜなら、リカの本当の気持ちを読み解くための材料がなさすぎるからだ。

はじめはカンチともう一度寄りを戻せたらと思って、突発的に「気が変わったら駅まで迎えに来て」とリカはカンチに言った。

しかし、駅で待っている間、リカは冷静な自分を取り戻し、これ以上カンチの気持ちを惑わせたくないという思いが募ってきた。

もしくは、自分がすでに別れの手紙を出したことを思い出し、ケジメのない自分に嫌気がさし、カンチに会わないように1本前の電車に乗った。

こんな感じだろうか。

もっと別な解釈ができる方は、コメント欄にでも書き込んでもらいたい。

いずれにしても、リカはこの駅でカンチから身を引く最終決断を下したということだ。

リカが「後で洗って返すね」と持っていたカンチのハンカチを駅に置いていったのは、それを告げるためだったのだろう。

東京ラブストーリーの梅津寺駅のハンカチのシーン

3年後にカンチと再会した時のリカの本当の気持ちはどんなものだったんだろうか?

東京ラブストーリーの赤名リカ

リカが3年後にカンチと再会し、満面の笑みで手を振りながらカンチの元を去っていくあの光景は、何度観ても泣けてくる。

リカが笑顔であればあるほど泣けてくるのだ。

リカが笑顔になるのには理由がある。

リカは幼いころ転校ばかりしていたせいで、友達と別れるという経験をたくさんしてきた。

だから、「一緒にいられる間は笑顔でいよう」「二度と会えなくなるからなるべく笑顔でいよう」という思いが誰よりも強くなっていったのだ。

リカが常に笑顔を絶やさない女の子に育っていったのはこのためである。

だからこそ、涙一つ見せずに満面の笑みでカンチの元を去っていったのだ。

しかし、あの時のリカの本当の気持ちをこんな捉え方で読み解こうとすると、もしかしたら誤解が生じるのかもしれない。

なぜなら、あのシーンでリカが辛い想いを押し殺して無理に笑っているように見えてしまうからだ。

こんな捉え方でリカの気持ちを察した時、見ている私たちはリカがとてもかわいそうに映ってしまうだろう。

現にこのドラマの最終回を観終わった後、リカがあまりにもかわいそうになってしまった私は夜も眠れなくなるほど凹んでしまった。

これは、とても辛い結末だった。

ところが、ある時私は少しズレた角度からリカの気持ちを読み解こうとしてみたのだ。

それは、カンチと別れて3年たったリカの心の中は、もうすでに新しい道を模索し、自分の人生を歩み出しているという視点に変えてみたのだ。

つまり、3年後のリカはもう完全に吹っ切れているという捉え方だ。

もしかしたら、愛媛から帰る電車の中ですでに吹っ切れていたのかもしれない。

あの時電車で流したリカの涙は、カンチへの想いを断ち切る前向きな涙に変わっていったのではないだろうか。

東京ラブストーリーで電車の中で号泣するリカ

そうすれば、3年後にリカが街中でカンチとさとみに気付かずに横を通り過ぎていったこと、リカの呼び方が「カンチ」から「永尾君」に変わっているのにも納得がいくようになる。

もちろん、リカはカンチのことをすっかり忘れてしまっているわけではなく、過去の思い出として大切に心にしまい込んでいるというのは、その後のビルの屋上でのリカのセリフからしっかりと読み取ることができる。

そういう視点からリカを見た時、涙一つ見せずに満面の笑みでカンチの元を去っていったリカの気持ちはとても晴れ晴れしたものであったと思えてくるのだ。

東京ラブストーリーでの3年後の赤名リカ

人生の捉え方の違いが見え隠れする3年後のリカとカンチ

おそらく、あの時カンチが街中でリカを見つけて声をかけていなかったら、リカはそのまま二人に気付かず通り過ぎていたことだろう。

そうなれば、二人が再び出会うこともなく、再び会話をすることもなかったのかもしれない。

まさに東京という街で生きる人間模様を描いているかのようだ。

しかし、街中でカンチがリカを見つけるというシーンは、リカとカンチの人生の捉え方の違いを表現したようにも見えてくる。

つまり、過去とケジメを付けて前向きに生きるリカと、リカのことがいつまでも気にかかって過去を捨てきれないでいるカンチという、二人の全く真逆の視点だ。

もしかしたら、3年経ってもリカのことを気にかけていたカンチだったからこそ、カンチは人混みの中からリカを探し出せたのかもしれない。

スポンサーリンク

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

-国内ドラマ
-

Copyright© 動画配信サービス(VOD)活用術 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.