Amazonプライムビデオ dTV FODプレミアム hulu 国内映画

「海月姫」映画版のフル動画を見放題で視聴する方法

更新日:

2018年1月からフジテレビ系にて放送中のテレビドラマ「海月姫」。

もともとは、東村アキコが書いた原作漫画を元に実写化されたものですが、実は、「海月姫」の実写化はすでに2014年に映画版として実現されています。

なので、「海月姫」の実写版は、4年前に公開された映画が最初の作品ということです。

面白いのは、映画版とドラマ版でのキャスト陣が総入れ替えされているところでしょうか。

なので、作品全体の空気感も少し違ったものに見えて、非常に面白いです。

今回は、4年前に公開された映画版「海月姫」のフルバージョンの動画を見放題で視聴するための方法を紹介したいと思います。

レンタルDVDを借りてきて観るのが面倒という方は、動画配信サービスを利用することで自宅のPC、スマホなどで映画版「海月姫」の動画を今すぐ視聴できるようになります。

映画「海月姫」の動画を見放題で配信している動画配信サービスは?

一般のユーザーが自由に動画を投稿できるDailymotion(デイリーモーション)やPandora(パンドラ)などの無料で動画を視聴できるサイトはウィルス感染の危険性があるため、おすすめできません。

それよりも、著作権をしっかりと通した動画配信サービスでの視聴をおすすめします。

映画「海月姫」の動画を配信しているのは、現在以下の4つの動画配信サービスです。

<2018年1月時点で映画「海月姫」の動画を見放題で配信している動画配信サービス>

・FODプレミアム(配信期限~2018年03月23日)
・dTV(配信期限未定)
・Hulu(配信期限未定)
・Amazonプライム(配信期限未定)

動画配信サービスの特徴は、毎月定額料金を支払うことで、配信されているすべての動画を好きな時に何回でも視聴できてしまうところです。

つまり、配信されている動画は見放題動画ということです。

そして、動画配信サービスでは、この他にもたくさんの動画が配信されているので、映画「海月姫」の動画以外の動画も見放題で視聴できてしまうということです。

現在、映画「海月姫」の動画を見放題で配信しているのは、上記で紹介した4つの動画配信サービスになります。

映画「海月姫」の動画(フルバージョン)を視聴するのにお得な動画配信サービスはFODプレミアム

4つの動画配信サービスのうち、一番お得に視聴できるのが、FODプレミアムです。

FODプレミアムでは、「海月姫」の映画版だけではなく、アニメ版、ドラマ版の動画も見放題で配信しています。

アニメ版「海月姫」の動画
※アニメ版「海月姫」の動画を見放題で視聴できる期限は、2018年3月31日までとなっています。

しかも、FODプレミアムはフジテレビが提供している動画配信サービスなので、今放送中のドラマ版「海月姫」の動画も地上波放送終了後から見放題動画として観ることができます。

ドラマ版「海月姫」の動画
※ドラマ版「海月姫」の動画を見放題で視聴できる期限は、2019年1月14日までとなっています。

そして、なんとFODプレミアムでは、「海月姫」の原作コミック第1巻から第17巻(完結)までの電子コミックも配信中です。

残念ながら、電子コミックのほうはポイントを購入しなければ読むことはできませんが、毎月ポイントが加算されていく会員限定サービス「8の付く日ポイントキャンペーン」をうまく使うことでポイントを買わずに無料で読むこともできます。

「海月姫」の原作コミック

このように、FODプレミアムの会員になれば、これらの動画すべてを見放題で観ることができるようになります。

「海月姫」の映画版、アニメ版、ドラマ版のすべての動画を視聴したいという方は、やっぱりFODプレミアムを利用して観るのがもっとも賢い選択です。

各動画配信サービスはお試し登録もできるので、実際に登録して使い心地を確認してみるのもいいと思います。

映画「海月姫」の動画を見放題で配信している動画配信サービスの月額料金とお試し期間を比較すると以下のようになります。

動画配信サービス 月額料金 お試し期間
FODプレミアム
詳細ページ
888円(税抜) 31日間
dTV
詳細ページ
500円(税抜) 31日間
Hulu
詳細ページ
933円(税抜) 14日間
Amazonプライム
詳細ページ
325円(税込)
<年会費3,900円>
30日間

映画「海月姫」の動画情報

映画「海月姫」のあらすじ

レトロなアパート天水館に越してきた、何よりもクラゲを愛しイラストレーターを目指す倉下月海(能年玲奈)は、自分に自信が持てずおしゃれな人や異性を前にするとおどおどとしてしまう癖があった。同じく天水館に住むのは、鉄道オタクのばんば(池脇千鶴)、三国志オタクのまやや(太田莉菜)、枯れたおじさまに心酔するジジ(篠原ともえ)、和物を好む千絵子(馬場園梓)ら、個性の強いオタク女子ばかり。自分たちを尼~ずと呼び、男を必要としない人生をモットーにそれぞれ己の道を邁進していた。ある日、月海が熱帯魚店でトラブルに遭っているところを、きれいな女性に助けてもらう。しかしそのきれいな女性は実は蔵之介(菅田将暉)という男性であることがわかり、驚きを隠せない月海。蔵之介は月海や尼~ずを気に入りしばしば天水館を訪れるようになり、その中で月海は化粧など初めてのことをいくつも経験し、彼の影響を受け少しずつ変わっていく。一方、水面下で天水館取り壊しを狙う計画が動き始めていた……。

映画「海月姫」のスタッフ&キャスト

原作:東村アキコ「海月姫」(講談社『Kiss』連載中)
監督:川村泰祐
脚本:大野敏哉、川村泰祐
音楽:前山田健一
ドレスデザイン・スタイリスト:飯嶋久美子
主題歌:SEKAI NO OWARI「マーメイドラプソディー」(TOY'S FACTORY INC)
挿入歌:SEKAI NO OWARI 「スターライトパレード」「花鳥風月」

<キャスト>

・倉下月海役:能年玲奈
・鯉淵蔵之介役:菅田将暉
・ばんば役:池脇千鶴
・まやや役:太田莉菜
・ジジ役:篠原ともえ
・千絵子役:馬場園梓(アジアン)
・鯉淵修役:長谷川博己
・鯉淵慶一郎役:平泉成
・花森よしお役:速水もこみち
・熱帯魚店店員役:中村倫也
・稲荷翔子役:片瀬那奈
・柏木役:内野謙太

海月姫の映画版とドラマ版とのキャスト比較

映画版とドラマ版でのキャスト陣が総入れ替えとなりました。

映画版と同じキャストでドラマ版を作るというのもありますが、海月姫の場合は映画版とドラマ版で全く違う俳優や女優さんが使われています。

登場人物 映画版 ドラマ版
倉下月海役 能年玲奈 芳根京子
鯉淵蔵之介役 菅田将暉 瀬戸康史
ばんば役 池脇千鶴 松井玲奈
まやや役 太田莉菜 内田理央
ジジ役 篠原ともえ 木南晴夏
千絵子役 馬場園梓(アジアン) 富山えり子
鯉淵修役 長谷川博己 工藤阿須加
鯉淵慶一郎役 平泉成 北大路欣也
花森よしお役 速水もこみち 要潤
熱帯魚店店員役 中村倫也 玉川蓮
稲荷翔子役 片瀬那奈 泉里香

まとめ

今回は、4年前に公開された映画版「海月姫」のフルバージョンの動画を見放題で視聴するための方法を紹介してみました。

映画版「海月姫」のフルバージョンの動画を配信しているのは、現在4つの動画配信サービスです。

動画配信サービス 月額料金 お試し期間
FODプレミアム
詳細ページ
888円(税抜) 31日間
dTV
詳細ページ
500円(税抜) 31日間
Hulu
詳細ページ
933円(税抜) 14日間
Amazonプライム
詳細ページ
325円(税込)
<年会費3,900円>
30日間

その中でも、「海月姫」の映画版の動画だけではなく、アニメ版、ドラマ版の動画も視聴できるのはFODプレミアムだけです。

なので、お得な視聴方法を考えれば、FODプレミアムを利用して映画版「海月姫」を観たほうがいいです。

ランキングに参加中です♪応援クリックをいただけると
とても嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

-Amazonプライムビデオ, dTV, FODプレミアム, hulu, 国内映画
-, , , ,

Copyright© ドラマ・映画・アニメの動画見放題-くじゃくのまい , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.